この度、ビットクォーク株式会社(代表取締役CEO:小森雄斗)は、製造業・物流業を中心にご利用いただいているAIを活用したプロセスシミュレーター「assimee」にCO2排出量計算機能を追加したことをお知らせいたします。

従来は、CO2排出量を算出する際には、主に電気使用量や燃料使用量などを基に事業所単位で評価が行われてきました。しかし、弊社のプロセスシミュレーターassimeeでは、新たなCO2排出量計算機能を導入し、プロセスシミュレーションにより従来では困難だった評価を実現しています。この追加されたCO2排出量計算機能は、対象となる場所での電力ソースや各プロセスでの燃料使用量を入力するだけで、CO2排出量が自動的に算出される画期的な機能です。assimeeの緻密なプロセスシミュレーションにより、生産ラインの稼働率や在庫の状況などの重要な要因が考慮され、より実践的な算出結果を得ることができます。これにより、従来では困難だった詳細な評価が可能となります。

assimeeのCO2排出量計算機能は、これまであまり着目されていなかった工程別のCO2排出量の計算が行えるため、設備投資の際に環境対策を迅速かつ効果的に進める上での貴重なツールとなります。また、計算結果を視覚化できるダッシュボード機能も搭載しており、データの可視化による理解と共有が容易になります。

assimeeの新機能により、設備投資をCO2排出量を考慮しながら効果的に進めることが可能となり、より環境への配慮を持った経営が実現できます。詳細については、当社ウェブサイトをご確認ください。弊社は今後も、assimeeを通して持続可能な経営をサポートし、環境負荷の削減に向けた取り組みを強化してまいります。

お問い合わせ先
ビットクォーク株式会社
〒105-0001 東京都千代田区神田和泉町1番地6-16ヤマトビル405
HP:https://bit-quark.com
問い合わせフォーム:https://bit-quark.com/inquiry
assimeeの使い方はhttps://assimee.com/article/でも解説しています。

過去のお知らせ

TOP